法福寺トップページへ
To top

日蓮宗法福寺TOP >
法福寺について 年中行事 > 寒行



縁起 院首 住職境内年中行事交通案内



寒行(2016年〜)

令和3(2021)年
令和2(2020)年
平成31(2019)年
平成30(2018)年
平成29(2017)年
平成28(2016)年



令和3(2021)年



唱題行脚

 今年も昨年同様 乾いた路上を歩いた日と雨の日が半々の寒行です。星の良く見える日もありましたが、雨の日は強い風が吹き、吹き飛ばされそうになる日もありました。

コロナ対策
(浄財を喜捨下さった方にお渡しした紙)

新型コロナウイルス感染症対策のため、

・浄財をお預かりする際、声を出しません。
・体温を測ってから歩きます。
・マスクを着用します。
・寒修行者は二メートルほど間を空けて歩きます。
・最終日のねぎらいは行いません。

といったことをお約束し、浄財を下さった方にこれを書いた紙を配りながら歩いた寒行です。
2021年2月6日記
このページの一番上へ


令和2(2020)年



唱題行脚
(画像は一部加工されています)

 今年は雪が全くありません。荒れない(寺泊のこの時期に つきものの強風すら吹かない)、昨年同様 乾いた路上を歩いた日と雨の日が半々の寒行です。星の良く見える日もありました。気温もこの時期にしては高めで、いつもしている二重軍手では汗をかいてしまうほどです。ランニングしている人に抜かれたり ウォーキングしている人とすれ違ったり。「『寒行』じゃなくて『暖行』(だんぎょう)だ」といった冗談も耳にしております。

乾杯
(画像は一部加工されています)

 例年通り、最終日は日蓮聖人の前でお参りし、無事に終わったことの報告と感謝を述べます。その後、互いに労をねぎらい、楽しいひとときを過ごしました。

 小学生(一年生、三年生)、30代、40代、60代、70代、80代と幅広い年齢層で歩いた今年の寒行です。
2020年2月1日記
このページの一番上へ


平成31(2019)年



唱題行脚
(画像は一部加工されています)

 昨年とはうってかわって、乾いた路上を歩いた日と雨の日が半々、雪は最終日にほんのちらほら降る程度(画像)の年でした。今年は、小学生も歩いた寒行です。
2019年2月1日記
このページの一番上へ


平成30(2018)年



唱題行脚

 水道管の破裂雨漏りなど、寒さや雪の影響によるものと思われることが起きた今年の寒。最終日の若干(画像)を除き、ほぼ雪の上のみを歩き通した寒行でした。滑らないようスパイクを装着した方もいらっしゃいます。

円成奉告のお参り

 例年通り、最終日歩き終わった後に感謝のお参りを致します。
 その後は、お楽しみ会。車でいらっしゃっている方以外は、たしなむ程度にお酒を頂戴し、互いに労をねぎらいます。
2018年2月1日記
このページの一番上へ


平成29(2017)年


円成奉告のお参り

 今年は、凍結によって足元のすべりやすい日が一日ありましたが、それ以外は比較的歩きやすい年でした。
 画像は、最終日歩き終わった後のお参りです。7日間、無事に歩き通せたことを奉告し、感謝のお参りを致します。

おまいり後の一杯

 お参りの後は、お楽しみ会です。車でいらっしゃっている方以外は、たしなむ程度にお酒を頂戴し、互いに労をねぎらいます。
2017年2月1日記
このページの一番上へ


平成28(2016)年



 今年は、初日にシャーベット状のところ・きれいに除けられているところ・ところどころ緩んでいてガタガタのところと3種類の地面を歩きました。星が見えることはありませんでしたが、強い風も吹かず、比較的歩きやすい年でした。
2016年2月3日記
このページの一番上へ
ひとつ前の寒行(2003年〜2015年)