法福寺トップページへ
To top

日蓮宗法福寺TOP > できごと





できごと(2017年1月〜12月)

17年12月 3日:台風復興
17年11月 3日:団参
17年10月23日:台風被害
17年10月18日:団参
17年 9月25日:団参
17年 9月10日:研修
17年 8月27日:白蟻発生
17年 6月26日:白蟻防除
17年 6月18日:梵鐘修復
17年 5月31日:ろうそく
17年 5月24日:香炉燭台修繕磨き
17年 5月15日:団参
17年 4月21日:参道測量
17年 1月31日:松食い虫の予防
17年 1月30日:松食い虫DNA検査
17年 1月27日:樹木診断
17年 1月24日:金蓮華修繕
17年 1月13日:

できごと(2016年1月〜12月)
できごと(2015年1月〜12月)
できごと(2014年1月〜12月)
できごと(2013年1月〜12月)
できごと(2012年1月〜12月)
できごと(2011年1月〜12月)
できごと(2010年7月〜12月)
できごと(2010年1月〜6月)
できごと(2009年7月〜12月)
できごと(2009年1月〜6月)
できごと(2008年7月〜12月)
できごと(2008年1月〜6月)
できごと(2007年7月〜12月)
できごと(2007年1月〜6月)
できごと(2006年)(「法福寺の紹介」改題)



台風復興



きれいになった柵

 先日の台風被害のうち、庫裡とお墓を仕切る柵を直していただけました。以前と異なり、板木製となっております。
2017年12月3日記
このページの一番上へ


団参



門が傾いて危険なため立ち入れない飛び地境内を道路から参詣する一行
(画像は加工されています)

 福井県歓喜寺様が団参に参られました。先日の台風被害復旧ままならぬ中でのお参りで、恐縮しきりです。
2017年11月3日記
このページの一番上へ


台風被害



傾いた門

 飛び地境内の門台風が倒したのは、今から8年前のことでした。より倒れにくくするために瓦を降ろしたのが功を奏したか、傾いただけで済んでいます。

柵も一緒に引っ張られる

 全国各地につめあとを残した台風21号ですが、法福寺の被害は比較的軽微といえましょう。

外れた木戸

老朽化していた木戸も外れてしまいました。

瓦がはがれた本堂屋根

 本堂向かって右の瓦も一枚はがれました。他の瓦も若干浮いています。

倒れた竹柵

庫裡とお墓を仕切る竹柵も被害に遭っていたことが解りました。

2017年10月23日記
2017年10月27日追記
このページの一番上へ


団参



 山梨県第一部寺庭婦人会様が団参に参られました(画像はありません)。
2017年10月23日記
このページの一番上へ


団参



飛び地境内を参詣する一行
(画像は加工されています)

 長崎県日誠寺様・正妙寺様が団参に参られました。
2017年9月26日記
このページの一番上へ


研修



写経する寺庭婦人の方々

 新潟県西部寺庭婦人会(お寺に住む成人女性の会)三島地区の方々が、定例研修会として、写経されました。
2017年7月10日記
このページの一番上へ


白蟻発生



白蟻に喰われた跡

 つい先日の白蟻防除は、本堂庫裡の話しです。なんと、防除しなかった祖師堂が喰われていました。

白蟻に喰われてスカスカ状態

 画像ではわかりにくいですが、スカスカです。

当初雨漏りかと思う

 当初雨漏りが疑われた畳の腐敗。はがしてみたところ、果たして一枚目のように白蟻がたくさんいました。
2017年9月10日記
このページの一番上へ


白蟻防除



穴を開けて薬を注入しふさいだあと

 白蟻が見つかり急ぎ駆除したのは、約十年前のことです。薬の効き目はとうに切れ、白蟻の発生が確認できたため、本堂と庫裡に薬剤を散布しております。
2017年6月26日記
このページの一番上へ


梵鐘修復



引き上げ

 昭和18年、旧梵鐘を太平洋戦争で供出し、お堂だけの状態が続くこと15年。新たな梵鐘が吊られたのは昭和33年12月のことです。以来58年が経ち、緑青すら剥げつつあったため、御寄付により修復頂きました。

修復前
修復前

修復後
修復後

 往時の輝きを取り戻していることでしょう。
2017年6月21日記
このページの一番上へ


ろうそく



貯まった使用済みろうそく

 前回から約2年。大分貯まりましたのでそら倶楽部様(社会福祉法人新潟慈生会様運営)にお引き取り頂きました。
 ただ、製品の生産調整を行うため、受け入れを一時中断されるとのこと。新たな受け入れ先を模索しております。
2017年5月31日記
このページの一番上へ


香炉燭台修繕磨き



穴の空いた香炉と真っ黒なふた

 本堂正面で用いている香炉の底に穴が空いていたので、御寄付により、ふさぐと共に、二対の燭台と一緒に磨いてもらいました。香炉のふたは、すすで真っ黒です。

左前足のない獅子

分かりにくいですが、獅子の左前足が欠損しています。

往時を取り戻すかの如くピカピカ

 ピカピカに磨いて頂けました。

左前足も蘇りました。

左前足もご覧の通り。まるで、無くなった足を見たことがあるかのような復元具合です。
2017年5月24日記
このページの一番上へ


団参



 新潟市寶泉寺様が団参に参られました(画像はありません)。
2017年5月16日記
このページの一番上へ


参道測量



測量の様子

 緊急車両(消防車や救急車)もしくはマイクロバス(葬儀の礼参や法事のお斎に向かうために来ることがあります)が庫裡につけられるよう、車参道の拡幅に着手しております。そのための測量が測量士さんによって行われました。ドローンによる空撮も行われております。

測量の様子

測量の様子
2017年4月21日記
このページの一番上へ


松食い虫の予防



 二年に一度の、松食い虫の予防の季節になりました(前回の様子はアップしませんでした)。下記飛び地境内も含め、全ての松の木に薬を打ちました。技術が進歩し、かつてのように点滴様にしなくてもよいそうです。
2017年2月1日記
このページの一番上へ


松食い虫DNA検査



 飛び地境内の松は下記の通り診断中ですが、松食い虫に罹っていないか、DNA検査も行いました。
2017年2月1日記
このページの一番上へ


樹木診断



音響検査
(音響検査をしているところ)

 飛び地境内の松は10年以上手入れをしていません。過日、倒れたときの被害を懸念し、伐倒してはどうか、との意見を頂戴しました一方、住職は所詮素人。どのような状態にあるか見当もつきません。
 そこで、専門家に頼るべく探したところ、樹木医さんの存在(新しいウィンドウで開きます。)を知ることとなります。

地面の硬軟を調べる
(地面の固さを調べているところ)

 昨年から打ち合わせを重ね、本日、現地調査となりました。ご覧の通り、音響検査、地面の硬度調査と、多岐にわたるようです。

  ぱっと見ですが、樹齢は200年程度、葉に勢いがある、との診断を頂いております。
2017年1月27日記
このページの一番上へ


金蓮華修繕



しっかりと固定された金蓮華(右側)

 祖師堂の金蓮華が、葉が取れたり固定が緩くなったりしたので、御寄付により、修繕させて頂きました(画像は、右側のみです)。
2017年1月26日記
このページの一番上へ






雪化粧

 各地に大雪がもたらされたこの日、法福寺でも降っております。前シーズン同様、比較的温かく、お天道様が顔を出す日も多かった今シーズン。年内は、ほぼ降りませんでした。
2017年1月13日記
このページの一番上へ
ひとつ前のできごと(2016年1月〜12月)